2016年07月20日

第17話「支部列伝その8 香川支部〜since1998~」

1994年、私のところに1本の電話がかかってきました。香川県在住だというその女性は「香川で琉球國祭り太鼓を見て、もう一度見たいと思っているのですが、沖縄ではいつやっているのでしょうか?」と私に尋ねました。私はその質問にこう答えました「あなたが来た日がその日です」と。

それからすぐ、香川から二人の女性が私達の演技を見に沖縄に来ることになりました。私はメンバーに「香川で祭り太鼓をみた方がもう一度私達の演技を見たいと沖縄に来るそうだ。その気持ちのためだけにも沖縄を代表する心意気で彼女たちを迎えてもらえないか」とお願いしました。彼女たちが沖縄に来たその日、20数名のメンバーが二人を迎える太鼓を打ち響かせたと聞いています。その二人の女性のうち、一人は後に祭り太鼓のメンバーとなり、現在は祭り太鼓の事務局長として活動を続けています。

その後、1998年に香川でも正式に香川支部が結成されました。初代支部長には雲川英晃氏、メンバーとして金城小百合、三井康子、香川悦子さんらがいました。ある時、岐阜でのイベントに急遽メンバーが必要になり、私がダメもとで2代目支部長長であった香川悦子さんに電話をかけ「大変申し訳ないが、香川支部から何名か応援に行くことはでいないか」とお願いすると、彼女は二つ返事で引き受け、その3時間後には岐阜のイベントへの応援に出発していたそうです。私はメンバーの暖かい絆にただただ感謝するばかりでした。
posted by ryukyukoku at 15:38| 第1話〜